AWS Summit Tokyo 2014
Tokyo
Amazon Web Service
Amazon Web Service

開催レポート順次公開中!

各セッションの動画、資料をご覧いただけます。詳しくはこちら »

昨年6,000名以上の方にご来場いただいた「AWS Summit Tokyo」。今年も7月17日(木)~7月18日(金)の 2 日間にわたり東京・品川にて開催されます。

今回の基調講演にはAmazon.com, Inc.のCTOであるWerner Vogels、及びアマゾン データ サービス ジャパン株式会社 代表取締役社長の長崎 忠雄のホストによる数多くのソリューションのご紹介をはじめ、エンタープライズ企業から、教育・公共・医療機関等まで、幅広い分野における最新の クラウド導入事例と、クラウドテクノロジーのトレンドについて一度に見ることができる、AWSクラウドに関する国内最大規模のカンファレンスとなります。

クラウドマイグレーションやビッグデータ処理などの、企業における導入事例に加え、教育機関でのクラウド活用(Ed Tech)やOpen Data等、自治体、教育・公共・医療機関における導入事例も数多くご用意。更に、特定の技術やサービスを深堀する技術トラックや、体験セミナー形式での技術トレーニ ング等、70を超えるセッションをご提供いたします。


最新情報

2014/07/16

以下のセッションタイトルが変更になりましたのでお知らせいたします。
旧)データで見るAWS運用監視ノウハウ 〜Webもゲームもエンタープライズも〜(ME-07 7/18 14:20 - 15:00)
新)数字から見るAWSの運用とビッグデータのビジュアライゼーション(ME-07 7/18 14:20 - 15:00)

2014/07/15

以下のセッションの登壇者が変更になりましたのでお知らせいたします。
ミッションクリティカルな業務システムをAWSクラウドで実現するポイント~ SAP編 ~(TA-05 7/17 16:20 - 17:00)
旧)松本 大樹(アマゾン データ サービス ジャパン株式会社 エコシステムソリューション部 部長)
新)井上 和英(アマゾン データ サービス ジャパン株式会社 エコシステムソリューション部)

2014/07/11

AWS Summit Tokyo 2014 来場申し込み受付は7月14日(月)までとなります。お早めにお申込みください。来場お申し込みはこちら »

2014/07/11

本日時点で、次のセッションについて上限数に達しました。他のセッションも人気のセッションはお申し込み時に選択できなくなる可能性がございますので、早めのお申し込みをおすすめいたします。
静岡県のGISはなぜAWSを使ったのか(GV-02 7/18 13:20 - 14:00)
実用フェーズにはいったHPCクラウドの実力(TE-08 7/18 15:20 - 16:00)

最新情報一覧はこちら≫

 
当日のチケット印刷方法はこちら

70 社以上の著名企業、スタートアップ企業、政府・教育機関による事例セッション

登壇企業一覧(50音順 敬称略)
アイレット株式会社, 株式会社あきんどスシロー, アクセンチュア株式会社, アビームコンサルティング株式会社, 株式会社アプレッソ, インテル株式会社, イベントレジスト株式会社, ウォンテッドリー株式会社, 運用設計ラボ合同会社, AOLオンライン・ジャパン株式会社, 株式会社エイチ・アイ・エス, 株式会社HGSTジャパン, SAPジャパン株式会社, 株式会社NTTデータ, 株式会社NTTドコモ, NTTナレッジ・スクウェア株式会社, オリックス野球クラブ株式会社, KAIZEN platform Inc., 株式会社ガリバーインターナショナル, ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社, 国立大学法人九州大学, 協和発酵キリン株式会社, 株式会社クエステトラ, クオリカ株式会社, クックパッド株式会社, 株式会社クラウドワークス, 株式会社グラニ, グリー株式会社, クルーズ株式会社, 株式会社コーセー, 株式会社サイバーエージェント, サイバーエリアリサーチ株式会社, 株式会社サイバー・コミュニケーションズ, 株式会社サイバード, 鯖江市, 株式会社サーバーワークス, 株式会社jig.jp, 静岡県, 国立大学法人信州大学, 株式会社すかいらーく, スーパーストリーム株式会社, 積水化学工業株式会社, ソニー株式会社, ソニー銀行株式会社, ChatWork株式会社, 株式会社ディ・エヌ・エー, 株式会社TBSテレビ, 株式会社テラスカイ, 株式会社テレビ朝日, 株式会社テレビ東京, DENNOO INC., 株式会社東急ハンズ, 国立大学法人 東京大学, トレンドマイクロ株式会社, 株式会社西鉄ストア, 日清食品ホールディングス株式会社, 日通情報システム株式会社, 日本通運株式会社, 日本テレビ放送網株式会社, 日本放送協会, 株式会社ネットプライスドットコム, 株式会社ノエビアホールディングス, HiganWorks LLC, 株式会社バスキュール, バーズ・ビュー株式会社, 株式会社日立製作所, 国立大学法人広島大学, 株式会社フジテレビジョン, 株式会社ブロードリーフ, HOYA株式会社, 本田技研工業株式会社, マネックス証券株式会社, 丸紅株式会社, 国立大学法人三重大学病院, 株式会社ミクシィ, 株式会社リプレーション, 株式会社良品計画, 株式会社レコチョク, 株式会社ローソン 他

AWS Summit Tokyo 2014では、午前の基調講演に加え、午後からは「Enterprise General」、「Enterprise Advance」、「Media&Entertainment」、「Technology Track」、「EdTech & Research / E-Government」、そしてAmazon、お客様による「Tech Deep Dive」の 7 トラックに分かれ、70社以上の著名企業、教育機関、自治体、医療機関による活用事例、活用技術をご紹介する70 を超えるセッションをご提供。皆様のご興味・ご利用用途・ビジネスへ最大限にご活用いただける内容をお届けします。

「あの企業はなぜクラウドを導入したのか?」
「クラウドを導入したことによるメリットはどんなものがあるのか?」
「クラウドを導入する際にどういう社内での調整が必要だったのか?」
「クラウド導入にあたって技術的な問題はなかったのか?」

そのような実体験に基づいたセッションを通じて、皆様のクラウド導入、活用にいたるまでのご参考にしていただくことができます。
当日のセッションスケジュールはこちら
展示スペース内のシアターセッションタイムテーブルはこちら


こんな方はぜひご参加ください。


今後クラウドの導入をご検討の皆様

既存のデータセンター環境との
併用をご検討の皆様

国内の有名企業における
クラウド活用事例について
参考にしたいという皆様

メディア・エンターテインメント業界における
サービス提供手法について
参考にしたいという皆様

官公庁、教育機関における
クラウド導入事例を参考にしたいという皆様

より深い技術を学び、
クラウドを活用したいとお考えの皆様


開催概要

開催日時

2014年7月17日(木)~18日(金)
9:15 ~ 19:00
(18日は20:30まで / 受付開始・展示スペース 9:15~ / セッション 10:30~)


会場

グランドプリンスホテル新高輪 (国際館パミール)
〒108-8612 東京都港区高輪 3-13-1


来場

無料(要事前申し込み:お申込みはこちら »
一度お申し込みいただきますと、2日間両日ともご来場いただけます。
お申し込み時に、ご希望のセッションを選択いただき、ご自身のタイムテーブルを作成の上、お申込みください。(尚、ご選択いただいたセッションのお席が確約されるものではございませんので、予めご了承ください。)


主催

アマゾン データ サービス ジャパン株式会社


メディア・取材来場について

メディア・取材でのイベント参加を希望の方は、「AWS Summit Tokyo 2014 取材について」と明記の上、 こちらからお申し込みをお願いいたします。プレス専用席等のご案内を広報担当部門よりご案内させていただきます。


ブログパーツ設置にご協力ください。

AWS Summit Tokyo の告知にご協力いただける方へ、ブログパーツのご提供をしております。詳しくはこちらをご覧ください。



協賛スポンサー一覧

協賛スポンサー・展示ブース紹介一覧はこちら


 
当日のチケット印刷方法はこちら