登録セッションの確認およびチケットの印刷方法はこちらをご確認ください。

アダム・セリプスキー (Amazon Web Services LLC / Vice President)

#KE-1基調講演 Day1 「Go Global!」 (日⇔英同時通訳)

登壇者名・社名 アダム・セリプスキー(Amazon Web Services,LLC / Vice President)

ゲストスピーカー 池田伸壹(株式会社朝日新聞社 国際ビジネスマネージャー)、間下 直晃 (株式会社ブイキューブ 代表取締役社長)、池田 秀行 (株式会社gloops 取締役CTO)

概要: AWSの最新のサービスアップデートのほか、クラウドがもたらすビジネスの変革についてもご紹介させていただきます。また、初日のテーマである「Go Global!」を実践して、AWSを使ってビジネスのグローバル展開をされているお客様の事例をご紹介。ブイキューブ様、gloops様、朝日新聞様にもご登壇をいただき、企業のグローバル化に、クラウドがなぜ必要か、どのように使われているかについてご説明いただきます。


プログラム表へ戻る
田口 栄治 (インテル株式会社 クラウド・コンピューティング事業本部 データセンター事業開発部 シニア・スペシャリスト)

#LS-1Intel presents スペシャルランチセッション
2015年そしてその先へ : ビッグデータ革命


登壇者名・社名 田口 栄治 (インテル株式会社 クラウド・コンピューティング事業本部 データセンター事業開発部 シニア・スペシャリスト)

概要: 近日発表


プログラム表へ戻る
片山 暁雄(アマゾン データサービス ジャパン株式会社)

#SL-1ソリューションセッション#1
モバイルxクラウドシステム構築のベストプラクティス
(日→英同時通訳)

登壇者名・社名 片山 暁雄(アマゾン データサービス ジャパン株式会社)

概要: 爆発的な伸びを見せるモバイル端末とクラウドコンピューティング。この2つを掛け合わせることが、システム構築をする上で重要なファクターとなります。このセッションでは、数あるAWSクラウドの サービス群が、モバイルシステム構築にどのように活用できるのかをご紹介します。


プログラム表へ戻る
西脇 資哲 (日本マイクロソフト株式会社 社長室 エバンジェリスト)

#SP-1Microsoft = the Cloud OS最新戦略 

登壇者名・社名 西脇 資哲 (日本マイクロソフト株式会社 社長室 エバンジェリスト)

概要: プライベートクラウドとパブリッククラウドを持ち、新しい Windows8 を市場投入するマイクロソフトにおけるクラウドのポジショニング、さらには、その最新クラウド 戦略「the Cloud OS」をデモを交え、AWSとMicrosoftのパートナー協業とともに詳しくご説明いたします。


プログラム表へ戻る
堀内 康弘 (アマゾン データサービス ジャパン株式会社)

#CD-1クラウドデザインパターン#1  CDP概要編

登壇者名・社名 堀内 康弘 (アマゾン データサービス ジャパン株式会社)

概要: AWSクラウドデザインパターン (AWS Cloud Design Pattern, 略してCDP)とは、AWSクラウドを用いたシステムアーキテクチャ設計を行う際の設計のノウハウをパターンとして分かりやすく分類・整理したベストプラクティスです。本セッションでは、CDPの概要を分かりやすく解説いたします。

CDP wiki: aws.clouddesignpattern.org
AWSクラウドデザインパターン 設計ガイド: 書籍


プログラム表へ戻る
石井 明 (レッドハット株式会社 マーケティング本部 プロダクト・マーケティング・マネージャー)

#SP-2オンプレミスとAWSをつなぐレッドハットの「オープンハイブリッドクラウド」

登壇者名・社名 石井 明 (レッドハット株式会社 マーケティング本部 プロダクト・マーケティング・マネージャー)

概要: オンプレミスとAWSの透過的な利用を実現するIaaS管理、ストレージといったレッドハットの最新クラウド向け製品のご紹介を通して、オープンハイブリッドの価値をご紹介します。


プログラム表へ戻る
Andy Zhong

#CS-1FunPlus Go Global! (英→日同時通訳)
登壇者名・社名 Andy Zhong(Founder and CEO, FunPlus Game)

概要: わずか2年で1日400万人以上のアクティブユーザを持つまでに成長したFunPlus. その成長の秘密はデータドリブンによるアップデートの繰り返しと、AWS上に構築された堅牢なクラウドプラットフォームです。
当社のコア技術やインフラは、オープンソースソフトウェアとモバイルを活用してAWS上に構築されています。本セッションでは当社の成功を支えるクラウド活用についてご紹介します。


プログラム表へ戻る
片山 暁雄(アマゾン データサービス ジャパン株式会社)

#CD-2クラウドデザインパターン#2  CDP 画像・動画配信編(Movable Type) 

登壇者名・社名 片山 暁雄(アマゾン データサービス ジャパン株式会社)

概要: このセッションでは、クラウド上で画像・動画配信を行なうシステムに焦点を当て、システムで発生する課題や問題に対して、CDP(クラウドデザインパターン)を適用して課題を解決して行く様を、シナリオベースでご紹介します。題材にはMovable Typeを使用しており、普段CMSをご利用の方にはすぐにご活用頂ける内容となっています。


プログラム表へ戻る
松尾 康博(アマゾン データ サービス ジャパン 株式会社)

#SL-2 ソリューションセッション#2 
リーンクラウドでいこう! クラウドで実現するリーンスタートアップ  (日→英同時通訳)

登壇者名・社名 松尾 康博(アマゾン データ サービス ジャパン 株式会社)

概要: リーンスタートアップが注目されています。そしてリーンスタートアップを支える技術としてクラウドが重要になってきています。
このセッションでは、スタートアップがAWSを選ぶ必然性について解説します。 そして、AWSによりムダのない起業プロセスを実現する方法をご紹介します。


プログラム表へ戻る
安田 誠 (株式会社ブレインパッド 取締役 アナリティクスサービス・エンジニアリングサービス部門統括)

#SP-3クラウド時代のデータ分析プラットフォーム戦略と実践的マーケティング手法

登壇者名・社名 安田 誠 (株式会社ブレインパッド 取締役 アナリティクスサービス・エンジニアリングサービス部門統括)

概要: 本セッションでは、データマイニング技術を軸として様々なデータ分析サービス、マーケティング支援サービスを提供してきた国内でもユニークな分析サービス企業としての実績、事例を元に、企業が取るべきクラウド時代のデータ分析プラットフォーム戦略と実践的なマーケティング手法についてご紹介いたします。


プログラム表へ戻る
北迫 清訓(アマゾン データ サービス ジャパン 株式会社)

#CD-3クラウドデザインパターン クラウドデザインパターン#3 CDP Eコマース編(EC-CUBE)


登壇者名・社名 北迫 清訓(アマゾン データ サービス ジャパン 株式会社)

概要: 本セッションでは、AWSクラウドデザインパターンの実装シナリオの一つとして、Eコマースを取り上げたシナリオを紹介します。 Eコマースサイトでは、サイトが健全に稼働していることがビジネスの売上に直結するため、可用性や対障害性が特に重要となります。このシナリオでは、EC-CUBEを用いたECサイトを取り上げ、可用性・耐障害性を高めるCDPを中心に適用していくことで、設計のベストプラクティスを分かりやすく解説いたします。


プログラム表へ戻る
田中 謙一郎 (株式会社バスキュール 取締役/プロデューサー) 西村 真里子 (株式会社バスキュール プロデューサー)

#CS-2Bascule Meets AWS! - クラウドが加速させる デジタルクリエイションの世界

登壇者名・社名 
田中 謙一郎 (株式会社バスキュール 取締役/プロデューサー), 西村 真里子 (株式会社バスキュール プロデューサー)

概要: クラウドの登場は、デジタル広告やデジタルコミュニケーションの分野においてもインパクトを与えています。
バスキュールが目指している、新しいコミュニケーションデザインやデジタルクリエイションを生み出すためには、クラウドが欠かせません。

高度30,000メートルまでスマートフォンを打ち上げて実施した文化庁メディア芸術祭大賞の 「Space Balloon Project」 や テレビ × スマートフォンのダブルスクリーン事例、などバスキュールの代表的なクラウド利用事例の中から幾つかをピックアップし、デジタル広告分野におけるクラウド利用についてのメリットやデメリットはもちろん、クラウドがあったからできた企画/コトをご紹介します。

Google App EngineもMicrosoft Azureも大規模案件で利用しているバスキュールにとっての AWS の魅力とは? 当講演にて回答をお伝え致します。


プログラム表へ戻る
大谷 晋平(アマゾン データサービス ジャパン株式会社)

#SL-3ソリューションセッション#3 
ビッグデータの3つのVと4つのプロセスを支えるAWS活用法
(日→英同時通訳)

登壇者名・社名 大谷 晋平(アマゾン データサービス ジャパン株式会社)

概要: AWSではHadoopサービスだけではなく、ビッグデータの3つのVと4つのプロセスを支える必要なインフラストラクチャをすべてサービスとして利用することが出来ます。このセッションではビッグデータそのものの説明(3つのV、4つのプロセス)からAWSを使った活用方法、事例までオンパレードでご紹介させて頂きます。


プログラム表へ戻る

#CD-4クラウドデザインパターン#4  CDP VPC移行編

登壇者名・社名 菅原 元気(クックパッド株式会社 インフラストラクチャー部 部長)

概要: 本セッションでは、クックパッドで実際に非VPCの環境からVPCに移行した事例を踏まえて、VPCにどのような特徴やメリットがあるのか、VCP上のネットワークをどのように設計したか、VPCへの移行をどのように進めたか等をご紹介いたします。


プログラム表へ戻る

#SC-1AWSスタートアップチャレンジ -ジャパンステージ (日⇔英同時通訳)

ライトニングトーク 登壇予定スタートアップ: 株式会社スマートエデュケーション 池谷大吾(代表取締役) (AWS Lean Cloud Evolution Seminarより選出)、trippiece 石田言行(CEO)(IVS Spring 2012 Launch Padより選出)、株式会社イマジオム 高木太郎(代表取締役社長)(Innovation Weekendより選出)、株式会社ONTROX 安丸宗作(Business Development Executive)(Jannovation Westより選出)、株式会社 デジタルキューブ 小賀浩通(代表取締役社長)(AWS特別枠選出)、Grow! Inc 一ツ木 崇之(CEO Founder)(AWS Lean Cloud Evolution Seminarより選出)、Connehito株式会社  大湯俊介(代表取締役)(KDDI無限ラボより選出)、mana.bo 三橋克仁(IVS Summer Workshopより選出)、 MashROOM 原庸一朗(CEO & Founder)(INNOVATION NIGHT 2012夏より選出)、Hapyrus Inc.  藤川幸一(Co-Founder)(500 Startupsより選出)、コイニー株式会社 佐俣奈緒子(代表取締役社長)(Startup HUBより選出)、株式リーボ 松尾竜馬(代表取締役CEO)(明星和楽より選出)


パネルディスカッション:「CEO vs CTOトークバトル」:  パネラー: 國光 宏尚(株式会社gumi 代表取締役社長)、上原 仁(株式会社マイネット・ジャパン 代表取締役社長)、堀内 康弘(AWSエバンジェリスト・株式会社gumi 元CTO)、松尾 康博(AWSソリューションアーキテクト・株式会社マイネット・ジャパン 元CTO)

モデレーター: 川本雄人(アマゾン データ サービス ジャパン株式会社 事業開発部長)、安田 俊彦(アマゾン データ サービス ジャパン株式会社)


概要: 米国で毎年開催されているAWSのスタートアップ支援イベント「スタートアップチャレンジ」を日本でも特別開催。各スタートアップイベントでのコンテスト上位入賞者を中心に10のサービスが”Go Global”をかけてプレゼンテーションを行います。- スタートアップによるライトニングトークに加え、パネルディスカッション「CEO vs CTOトークバトル」と、盛りだくさんの内容でお届けします。
審査でTOP3になったプレゼンターには、AWS チケットに加え、11月にラスベガスで開催されるAWS re:Inventへの無料ご招待枠をご提供いたします。


プログラム表へ戻る

#KE-2基調講演 Day2 「Go Enterprise!」 (日→英同時通訳)

登壇者名・社名 長崎 忠雄 (アマゾン データ サービス ジャパン 株式会社 代表取締役)

ゲストスピーカー: 川本 広二 (株式会社リクルート 住宅カンパニー MP統括部SUUMOネット推進部 部長)、許 哲 (株式会社ガリバーインターナショナル CIO)、鈴木 竜 (株式会社ワークスアプリケーションズ ソリューションプランニンググループ ゼネラルマネージャー)

概要: 「Go Enterprise!」をテーマに、日本のエンタープライズ企業で、クラウドが活用されている最前線の情報を、お客様と共にご紹介いたします。ゲストスピーカーとしてリクルート様、ガリバーインターナショナル様、ワークスアプリケーションズ様にご登壇いただき、企業内のシステムや業務プロセスにおけるクラウドの利用形態とその採用理由について、直接ご紹介いただきます。


プログラム表へ戻る

#LS-2Intel presents スペシャルランチセッション 「今更聞けないAWS基本編」

登壇者名・社名 堀内 康弘 (アマゾン データサービス ジャパン株式会社)

概要: 「EBSのバックアップってどうやってとるんだっけ?」、「S3でWebサイトのホスティングができたよね?」、「AWSのセキュリティってどうなんだっけ?」
AWSを普段から使っているからこそ、今さら聞けないことってありませんか?本セッションは、そんな疑問にお答えします!また、皆さんからの質問も募集します。ご質問はtwitter(@horiuchi)またはfacebook(http://www.facebook.com/horiyasu)まで。たくさんの質問、お待ちしております!


プログラム表へ戻る

#SL-4ソリューションセッション#4 AWS: Overview of Security Processes (英→日同時通訳)

登壇者名・社名 Bill Murray (Amazon Web Services,LLC. / AWS Security Programs Manager)

概要: 近日発表


プログラム表へ戻る
中村 輝雄 (株式会社日立製作所 情報・通信システム社 経営戦略室 企画本部 プラットフォーム戦略ユニット 担当本部長)

#SP-4クラウド時代のシステムにとってのAWSの魅力

登壇者名・社名 中村 輝雄 (株式会社日立製作所 情報・通信システム社 経営戦略室 企画本部 プラットフォーム戦略ユニット 担当本部長)

概要: 1995年、インターネットの登場とWebコンピューティングの普及が、新しい時代の幕明けをもたらした。そして、2012年、クラウドが誰も想像しなかった新しいシステムを誕生させる。本セミナーでは、そうしたAWSの可能性に日立がどう取り組んでいくのか、その基本戦略を事例を交えて紹介する。


プログラム表へ戻る
大谷 晋平(アマゾン データサービス ジャパン株式会社)

#CD-5クラウドデザインパターン#5  CDP バッチ処理編

登壇者名・社名 大谷 晋平(アマゾン データサービス ジャパン株式会社)

概要: AWSは定期・不定期にかかわらず、バッチ処理も非常に得意としており、S3やSQS、EMRなど、そのためのサービスも充実しています。本セッションではバッチ処理に関わる使えるサービスのご紹介と、使い方のベストプラクティス・パターンをお届けします。AWSで利用できるのは外向けWebサイトやWebアプリケーションだけだとお考えの方は、ぜひ当セッションにお越しください。


プログラム表へ戻る

#CS-3事例セッション #3 金融機関でのクラウド活用について
-金融機関向けAWS対応セキュリティリファレンスの活用と事例-
 (日→英同時通訳)

登壇者名・社名 野上 忍(株式会社野村総合研究所)、瀧澤 与一(SCSK株式会社)、渥美 俊(株式会社電通国際情報サービス)

概要: 本セッションは、先日公表された「金融機関向けAWS対応セキュリティリファレンス」の全体像と、 その利用方法についてご説明します。またAWSの金融機関での活用事例や、SI各社の今後の取り組みに ついて、ご紹介いたします。


プログラム表へ戻る
木下 鉄平
 (ソフトブレーン株式会社 取締役 コンサルティング担当)

#SP-5SFAとAWSの親和性 -ソフトブレーンがAWSを選んだ理由-

登壇者名・社名 木下 鉄平 (ソフトブレーン株式会社 取締役 コンサルティング担当)

概要: SFA(営業支援システム)は、顧客情報や折衝履歴などの機密情報の塊であると同時に、モバイルアクセスなどの利便性を強く要求されます。さらに、基幹システムとの連携が当然のように求められています。
AWSがSFAの発展シナリオにどう効果的に寄り添っていくのかをご紹介します。


プログラム表へ戻る
松尾 康博(アマゾン データ サービス ジャパン 株式会社)

#CD-6クラウドデザインパターン#6  CDP クラウド監視編

登壇者名・社名 松尾 康博(アマゾン データ サービス ジャパン 株式会社)

概要: クラウドでは、オンプレミス以上にサーバの性能監視(キャパシティ監視)が重要になってきます。
このセッションでは、キャパシティ監視が重要な理由、および、監視の勘所と、設計・実装のベストプラクティスを、CDPとして紹介していきます。さらに、複数のレイヤーの監視を組み合わせる方法や、監視の仕組みを応用したアーキテクチャについてもご紹介いたします。


プログラム表へ戻る
荒木 靖宏(アマゾン データ サービス ジャパン 株式会社)

#SL-5ソリューションセッション#5 AWSで構築する仮想プライベートクラウド (日→英同時通訳)

登壇者名・社名 荒木 靖宏(アマゾン データ サービス ジャパン 株式会社)

概要: Amazon VPCはAWSが提供する仮想プライベートクラウドです。Amazon VPCを使えば、所有することなく、プライベートクラウドを利用することができます。
まず、AWS側でのサブネット単位のアクセス制御や経路制御、複数のネットワークインターフェースの利用や、プライベートアドレスのみでのシステム構成を解説します。 それを利用するためのVPNや専用線接続の実例、実際の方法もあわせてご紹介します。


プログラム表へ戻る
大田原 忠雄 (トレンドマイクロ株式会社 ソリューション事業本部 ソリューションマーケティング部 部長代行)

#SP-6Securing your journey to the cloud -企業システムのAWS移行を成功に導くセキュリティソリューション-

登壇者名・社名 大田原 忠雄 (トレンドマイクロ株式会社 ソリューション事業本部 ソリューションマーケティング部 部長代行)

概要: セキュアなクラウドインフラを提供しているAWS。しかしクラウド上のデータやOSの保護においてはユーザの責任によるセキュリティ対策を行うことが必要です。当セッションでは多くのお客様のAWS移行を成功に導いた、トレンドマイクロのサーバ保護およびデータ保護のソリューションをご紹介します。


プログラム表へ戻る

#CD-7クラウドデザインパターン#7  CDP キャンペーンサイト編 (Wordpress)

登壇者名・社名 鈴木 宏康 (JAWS-UG 東京 / アイレット株式会社 cloudpack事業部 CTO)

概要: 近日発表


プログラム表へ戻る
Khawaja Shams(Software Engineer, NASAジェット推進研究所) 北迫 清訓(アマゾン データ サービス ジャパン 株式会社)

#CS-4NASAにおけるクラウド活用事例 (日⇔英同時通訳)

登壇者名・社名 北迫 清訓(アマゾン データ サービス ジャパン 株式会社)
Skype中継で登壇予定:Khawaja Shams(Software Engineer, NASAジェット推進研究所)

概要: 近日発表


プログラム表へ戻る

#SL-6ソリューションセッション#6 クラウドTCOの真実

登壇者名・社名 玉川 憲(アマゾン データサービス ジャパン株式会社)

概要: ITコストを抑制しつつビジネス環境の変化に俊敏に対応する「クラウドコンピューティング」が注目され、日本でも導入検討事案が増加している。しかし、検討時に行われる従来型データセンターとクラウド間のコスト比較は適切でないケースが多くみられる。二つのモデルの大きな違いが、Total Cost of Ownership (TCO)に関する適切な比較を妨げているといえる。このセッションでは、従来型DCモデルとクラウドモデルのコスト要因の違いを明確にし、AWSクラウドの利用による経済的利点を分かりやすく説明する。


プログラム表へ戻る
荒木 靖宏(アマゾン データ サービス ジャパン 株式会社)

#CD-8クラウドデザインパターン#8 CDP アンチパターン編

登壇者名・社名 荒木 靖宏(アマゾン データ サービス ジャパン 株式会社)

概要: AWSクラウドデザインパターン(CDP)は、クラウドを用いたシステム構築における典型的な課題を解決するための設計パターンをまとめたものですが、一方で、クラウドの特性を活かすためにやってはいけない設計というものも確かに存在します。このセッションでは新しい取り組みとして、クラウドデザインにおけるアンチパターンを紹介いたします。


プログラム表へ戻る

#JU-1JAWS-UG 東京 in AWS SUMMIT (日→英同時通訳)

JAWS-UGアップデート: 後藤和貴(アイレット株式会社 cloudpack事業部 エバンジェリスト)、得上竜一(株式会社マイニングブラウニー 代表取締役社長)

AWSサービスアップデート:
堀内 康弘 (アマゾン データサービス ジャパン株式会社)

AWSクラウド川柳コンテスト
発表:
司会: 片山 暁雄(アマゾン データサービス ジャパン株式会社)

ライトニングトークセッション: 「.NET on AWS の魅力」 / ジニアス平井(日本マイクロソフト株式会社 プリンシパルテクノロジーアドバイザー)、  「guPix on AWS」 / 直野典彦(リプレックス株式会社 代表取締役)、  「tab meets AWS ~小さくはじめて大きく育てよう~」 / 近藤 純司(頓知ドット株式会社 シニア ソフトウェアエンジニア)、  「クラウドストレージを使い倒す」 / 鈴木富士雄(マクニカネットワークス株式会社 クラウドビジネス推進部)、  「VPCではじめるスケールアウトするインフラ構築」 / 藤倉 和明(株式会社シャノン 技術統括本部 Platform Technology部 部長)、  「アクセス数減少サイトのS3利用によるコスト削減」 / 加藤 一由樹(イースト株式会社)、  「ノンプログラマー はじめてのAWS」 / 大串 肇(mgn (フリーランス WEBディレクター 兼 デザイナー)、  「AWS・CloudFrontで作るスケーラブルな映像配信システム構築法」 / 山口征浩(オズミックコーポレーション株式会社 代表取締役)、  「SAP HANA on AWSで始めるインメモリコンピューティング」 / 横田 聡(クラスメソッド株式会社 代表取締役社長)

ラスベガスへ行きたいか? AWSウルトラクイズ
司会: 玉川 憲(アマゾン データサービス ジャパン株式会社)、大谷 晋平(アマゾン データサービス ジャパン株式会社)


プログラム表へ戻る

#CM-1丸山先生 クラウド研究会 in AWS SUMMIT

特別セッション: 「クラウドがもたらすソフトウェア開発への影響(仮)」
講師:丸山 不二夫(早稲田大学客員教授。NPO日本Androidの会理事)

パネルディスカッション: 「クラウド時代のISV」
モデレーター: 小島 英揮(アマゾン データ サービス ジャパン株式会社 シニアマーケティングマネージャー)
パネラー: 丸山 不二夫、平野 洋一郎 (株式会社インフォテリア 代表取締役)、小野 和俊 (株式会社アプレッソ CTO)、狩野 英樹(株式会社ネオジャパン 取締役 企画室長)

概要:  “エンタープライズクラウドの現在”をテーマに丸山先生が主宰している「クラウド研究会」が、AWS SUMMIT のナイトイベントとして開催決定!  丸山先生の特別セッションと、パネルディスカッションを予定しております。パネルディスカッションのテーマは「クラウド時代のISV」です。 丸山先生と、ISV業界の論客が、この変革の時代にどのように対応すべきなのかを徹底討論します。

プログラム表へ戻る
※随時登壇者・概要情報をアップデートしてまいります。
※登壇者・概要情報は予告なく変更される場合があります。
※登録セッションの確認およびチケットの印刷方法はこちらをご確認ください。
※当日ご来場をご希望のお客様向けに当日受付をご用意しております。